ニコレットには正しい噛み方がある

ニコレットは禁煙補助として販売されている医薬品で、少量のニコチンが含有されており、禁煙時の置換療法として使用されます。ニコレットには噛むタイプのガムと、貼るタイプのパッチが存在し、パッチは皮膚に貼ることでニコチンが体内に吸収され、タバコが吸いたいという欲求を抑えてくれます。噛むタイプのガムは、噛むことでニコチンが少しずつしみ出し、粘膜を通じて体内に吸収されます。また、禁煙による口寂しさをガムに置き換えることで、タバコを口にくわえる習慣を改善することができます。ガムを使用するタイミングはタバコを吸いたくなった時で、1回の使用につき1個を口に含みます。ニコレットガムの噛み方は何度も噛む必要はなく、最初に15回ほど噛めばピリッとした味が出てきます。これがガムからニコチンが出ている証拠なので、ニコチンを吸収させるために、一旦噛むのを止めて、頬と歯茎の間に1分以上挟んで置いておきます。この間はずっとニコチンの味がすると思いますが、しばらくすると味が無くなるので、再びガムを15回程度噛んで味が出てきたら再び頬と歯茎の間に置くのを繰り返していきます。30~60分ほど繰り返すと味がなくなるので、最後はガムを紙などに包んで捨てましょう。ニコレットの1日の使用限度は24個となっており、使用期間は3ヶ月までとされそれ以上は使用してはいけません。使用しすぎると顎関節が悪くなるなどのほか、ニコレットにはニコチンが2mgしか含有されていませんが、タバコの代わりにニコレットに依存する可能性もあります。ニコチン置換療法は、少しずつ使用量を減らしていくことがコツとなっていて、最初の1ヶ月で6~9個、翌月には3~6個と徐々に減らしていくといいでしょう。